便秘かも?と思ったら野菜不足を疑え

便秘かも?と思ったら野菜不足を疑え

 便秘になる原因には、様々なものがあります。運動不足であったり、水分不足であったり、ストレスであったりなど、様々です。その中の一つに、野菜不足があります。野菜不足は、便秘と密接な関係があるのです。

 野菜の中には食物繊維が多く含まれているものがあります。ごぼう、たけのこ、切干大根、とうもろこし、ブロッコリー、さつまいも、山芋、里芋などです。野菜不足が原因である場合、これらの野菜がとれていない可能性があいます。野菜不足を解消することで便秘が解消されるのですが、食物繊維をふくんだ野菜をとる場合は注意が必要となります。

便秘の解消に食物繊維、青汁がお勧め

 食物繊維には種類があります。水溶性食物繊維不溶性食物繊維です。ごぼうや山芋などの野菜に含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を含んでふくらみ、腸を刺激することで腸の動きを良くしてくれます。水溶性食物繊維は、水に溶けやすく便を柔らかくしてくれます。こんにゃく、昆布、わかめ、ひじき、寒天、もずくなどに含まれています。水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなってくれるので、お腹の中にいる悪玉菌を減らしてくれます。この2つをバランスよく食べることで、便秘を解消することが出来るのです。

 良いバランスは、不溶性食物繊維が2とすれば、水溶性食物繊維は1とされています。つまり、不溶性食物繊維を水溶性食物繊維の倍はとる必要があるということです。また、不溶性食物繊維であるごぼうや里芋などは、体内に入ると水分を含んでふくらみます。そのため、多くの水分を必要とします。水分が不足してしまうと、食物繊維たっぷりの野菜を摂取していても、便が硬くなり、便秘になってしまいます。

 また、野菜不足を解消するのは良いですが、野菜だけを摂り過ぎるのはいけません。バランスのよい食事がとても大切なのです。温野菜なら片手に1杯分程度が、1日の野菜摂取量です。タンパク質や脂質などが含まれる肉や魚もあわせて野菜を食べることで、便秘が解消されるでしょう。